glass of cognac
世界で最も素晴らしい蒸留酒のひとつ
「コニャック」について知る

コニャックとは、ブランデー(葡萄の蒸留酒を熟成したもの)のひとつです。特に、素晴らしくアロマティックな葡萄の産地として知られるコニャック地方の葡萄を使用したものに限られています。

コニャックの名称を使うためにはフランスの法律で定められた厳しい基準を満たす必要があり、その基準をクリアしたものはコニャックという名のもとに保護されます。アペラシオン・ドルジーヌ・コントロレ(AOC)と呼ばれる法律において、コニャックを名乗るために満たさなければならない要件は3つあります。
まず、ユニ・ブランなどの特定種の葡萄を使用したものでなければなりません。2番目は、銅製のポットスチル(単式蒸留器)で2回蒸溜することです。そして3番目に、オーク材の樽で少なくとも2年間熟成しなければならないということです。

Rémy Martin Grapes
highest-quality crus of Cognac

こうした基準により、コニャックは葡萄独自のフルーティーな香りをしっかり携えて、最高級の深みがある豊かな蒸留酒となるのです。

AOCにおいて、コニャック地方は「クリュ」と呼ばれる6つの栽培地域に分類されています。レミーマルタンのオー・ド・ヴィー(蒸留したスティルワイン)は、素晴らしい熟成の可能性を秘めたプルミエ・クリュであるグランド・シャンパーニュ、それにプティット・シャンパーニュを産地とした葡萄だけを原材料としています。グランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュ産のオー・ド・ヴィーだけでつくられ、そのうち少なくとも半分がグランド・シャンパーニュ産である場合のみ「フィーヌ・シャンパーニュ・コニャック」と呼ぶことができます。

AOC Fine Champagne Cognac

レミーマルタンの蒸留は、伝統的手法が今日までそのまま残っています。蒸留で使用するのは小型の銅製スチルですが、その際、もととなるワインの豊かでフルーティーな風味と複雑な香りを余すところなく取り込むため、おり(酵母の残留物)とともに蒸留されます。蒸留は、最も特別な風味だけを得られるように2度行われます。最高のオー・ド・ヴィーのみを入念に選び抜き時間をかけて熟成することで、レミーマルタンはこの上なく香り高い濃厚なコニャックを生み出すことができるのです。

1本のコニャックには、異なる期間に収穫、蒸留、熟成された様々なオー・ド・ヴィーが含まれています。調和がとれ、豊潤な、長い余韻の残る比類ないレミーマルタンのコニャックに仕立てるには、セラーマスターだけが持つ専門性が重要なのです。

年齢を選択してください
/
/
Please fill in all fields

20歳未満の方は閲覧できません。

このサイトは20歳以上の方のみ閲覧が可能です。