レミーマルタンの取り組み

アライアンス・フィーヌ・シャンパーニュと農業会議所との連携で、パートナーであるワイングローワーにトレーニングを提供し、環境認定の取得を支援しています。

01

優れた農業の推進

アライアンス・フィーヌ・シャンパーニュ(AFC)と講座
レミーマルタンは、10年以上にわたり、この業界で責任ある農業を推進する草分け的存在となっています。

「優れた慣行により、卓越したコニャック作りができるのです」

2007年、ドメーヌが「合理農業」(Agriculture Raisonnée)の認定を取得しました。2012年、フランスで早期にHVE(環境価値重視)認定を取得した会社の一つとなりました。

2014年以来、レミーマルタンとアライアンス・フィーヌ・シャンパーニュは、HVE認定を通して環境に優しい農業を目指した専門連携による取り組みを促進しています。

環境のエクセレンスに向けてアライアンス・フィーヌ・シャンパーニュを徐々に動かしていくことが狙いです。

2020年パートナー農家の100%が持続可能な農業プロセスで採用されています。パートナー農家の50%が初期目標から2年先駆けてHVE認定を取得しました。

レミーマルタンのドメーヌは、より大規模に優れた農業を推奨するため、2011年よりフランス農業省が主導する国家事業EcophytoネットワークとDEPHY農家ネットワークに加盟しました。

02

HVE認定取得に向けて

アライアンス・フィーヌ・シャンパーニュ(AFC)と講座
2007年以来、メゾン・レミーマルタンは、アライアンス・フィーヌ・シャンパーニュに所属するワイングローワーの慣行を改善するための講座を実施しています。

「この草分け的アプローチは、環境のエクセレンスにかける共通の情熱を基盤としています」

レミーマルタンとAFCは、2014年より、農業会議所との連携で、3ステージの講座を立ち上げました。フランス農業食料省による監修のもとで環境認定の取得を目指します。

講座の第1ステージは集団的アプローチです。組合農家は、レベル1の環境認定を取得します。

それから農家は個別に取り組みを続け、独立認定機関によるレベル3/HVE(環境価値重視)認定を目指します。

AFC農家の大半がレベル1または3の環境認定プロセスに取り組みます。

アライアンス・フィーヌ・シャンパーニュ会長

クリストフ・フォルジェ
(CHRISTOPHE FORGET)

03

HVE認定

アライアンス・フィーヌ・シャンパーニュ(AFC)と講座
HVE(環境価値重視)認定は、環境に配慮した農業を行う農家を特定、推奨するものです。

「パートナーが率先してこの認定を取得することが大切です」

3段階の漸次的な認定プロセスに則って設計されており、最高レベルがHVE(環境価値重視)となります。HVEは、対象農家全体に適用される環境的パフォーマンス指標に基づきます。

この認定は、生物多様性要素(生け垣、芝生、樹木、花、昆虫)の保全などのほか、環境(空気、気候、水、土壌)に対する農業の負荷削減も証明します。

環境においても最高基準を追求するレミーマルタンは、自然な流れでHVE認定取得を選びました。共通した水準のもとに事業者を団結させ、原料および完成品に表示できるロゴを通じて、この環境保護の取り組みを消費者にも周知します。

フランス農業・食料省、企業経済・環境動向総局(DGPE)品質部長

ヴァレリー・ピエプルゾヴニク

04

生物多様性

AFC所属ワイングローワー
「資格認定により、現代の慣行を見つめ直し、バランス維持を目指すことになります」

HVE(環境価値重視)認定では、葡萄栽培を包括的に見直します。

継続的改善プロセスにおいて、ワイングローワーが自身の慣行を見直し、代替策を推奨することを目的としています。

生物多様性については、HVE認定によってノウハウを蓄積し、自然のバランスを守ることができます。

農業会議所とメゾン・レミーマルタンは、ワイングローワーによる農業生態学的な取り組みも支援しています。旧品種の果樹や花畑、生け垣を栽培することで、昆虫に住処を与え、果実を保護します。特にミツバチを保護することで、緑肥が育ち、ミツバチの活動を再開させるために必要な初春の花の回復を促します。

ミシェル・ボワノー蒸留所 副CEO

レミ・ボワノー

05

HVEと経済効果

AFC所属ワイン農家
「個別の農家も、集団としても、環境認定からあらゆる利益が得られます」

HVE認定は、コニャック生産活動を続けていくうえでの条件の一つです。

テロワールとその生産物の進歩を促す全体的アプローチの一環として行っているものです。メゾン・レミーマルタンは、環境認定プロセス全体において、個別的・集団的にワイングローワーを支援しています。講座を実施することにより、組合農家は自身の農場の強みと改善点を特定できます。こうして環境への取り組みに意義を持たせるとともに、プロセスに関わる行政手続きについての助言を受けることができます。

この投資にかかるコストは、葡萄畑で事後対応のために発生した費用が事前対応へと置き換わるため、十分に回収できます。長期的には、資格認定の利益は、葡萄畑の知識として実を結ぶことになります。農業において、HVEアプローチでは、ワイングローワーは精度を維持するほか、葡萄の全体的な環境、すなわち気象条件、地勢、湿度、水路などを考慮することが求められます。進歩する意思決定支援ツールによって、これらの分析の精度が向上します。

HVE認定ワイングローワー・蒸留業者

ニコラ・ジロー
(NICOLAS GIRAUD)

レミーマルタンの取り組み

土壌
レミーマルタンの土壌をご覧ください。

レミーマルタンの取り組み

葡萄の木

レミーマルタンが現在取り組んでいる新しいテクノロジーと葡萄の耐病性品種をご覧ください。

戻る
お近くのバー、レストラン、クラブ、ストアを
検索するか、オンラインでお求めください。
選択してください: