レミーマルタンの歴史

誇り高き伝統

メゾン・レミーマルタンの物語は、大胆で高い志を持つ人々が綴ってきました。そして、これからも続いていくことでしょう。

絞り込み
絞り込みs 選択
1724

コニャック地方の若きワイン農家であったレミー・マルタンが、自身の名を冠したコニャックの販売を始める

メゾン, テロワール, ファミリー
1738

フランス国王ルイ15世がレミー・マルタンのコニャックを高く評価し、新たな葡萄の木を植樹する特別な権利を授ける

テロワール, メゾン

1810
ポール=エミール・レミー・マルタン(PAUL-ÉMILE RÉMY MARTIN)

ポール=エミール・レミー・マルタンがメゾン・レミーマルタンの名とコニャックをヨーロッパからアメリカ合衆国、アジア、太平洋へと広める

ファミリー
Placeholder
1830
レミーマルタン初のグランド・シャンパーニュ・コニャックが生産される
製品, テロワール
1870

メゾンの海外進出に伴い、メゾンのエンブレムとしてケンタウロスを選び、最初のロゴを考案(天文学に造詣が深く、自身の星座が射手座だったため)

メゾン
1910

アンドレ・ルノーと共に、メゾンの潜在性を開花させる

テロワール, メゾン

1924
アンドレ・ルノー (ANDRÉ RENAUD)

1924年、アンドレ・ルノーがメゾンの初代セラーマスターに就任し、後の会長となる

ファミリー
1927

プティット・シャンパーニュとグランド・シャンパーニュのクリュをブレンドし、フィーヌ・シャンパーニュ・コニャックVSOPを生み出す。優れた品質を差別化要因として、瞬く間に成功を収める

製品, テロワール
Placeholder
1938
その高い品質から、フィーヌ・シャンパーニュ・コニャックとして法的な地位が認められる
テロワール

1960
アンドレ・ジロー(ANDRÉ GIRAUD)

アンドレ・ルノーから手ほどきを受けたアンドレ・ジローは、セラーにて近代技術の導入を進め、メルパンで開発拠点と初めての樽工房を設立。この3点は現在のレミーマルタンの核となっている

ファミリー

1965
アンドレ・エリアール・デュブルイユ(ANDRÉ HÉRIARD DUBREUIL)

アンドレ・ルノーの娘婿であるアンドレ・エリアール・デュブルイユが社長の職を継ぎ、最高品質を保証するため、先見の明を発揮してワイングローワーと提携関係を結ぶ。今日のアライアンス・フィーヌ・シャンパーニュとなる

ファミリー
1972

今では象徴的な存在となった黒い擦りガラスの「レミーマルタンVSOP」ボトルが考案される

製品

1990
ジョルジュ・クロ(GEORGES CLOT)

セラーの在庫を管理するための現代的なデジタル手法を導入

ファミリー

2003
ピエレット・トリシェ(PIERRETTE TRICHET)

大手コニャックメゾンで初めて女性としてセラーマスターに任命。セントー、セントー・ド・ディアマンを生み出す。ジョルジュ・クロから受け継いだように、レミーマルタンのレガシーの秘密をバティスト・ロワゾーに継承

ファミリー
2019

レミーマルタン テルセが、アメリカと中国にて発売。テルセは、フレッシュなエキゾチックフルーツのノートが香り高いオー・ド・ヴィーをブレンドしたユニークなコニャック。コニャックの新たな道筋を照らし出し、メゾンのスタイルを反映

製品
戻る
お近くのバー、レストラン、クラブ、ストアを
検索するか、オンラインでお求めください。
選択してください: