ジャン=フランソワ・ピエージュ(フランス)

2019年、レミーマルタンは、テーラーメイドでデザインしたラグジュアリーフードペアリングにてXOをディナーテーブルで楽しんでいただくべく、インターナショナル・シェフ・プログラムを立ち上げました。

ミシュラン星付きのシェフであるジャン=フランソワ・ピエージュ氏をレミーマルタンXOの初代グローバルアンバサダーとして起用しました。

グランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュのテロワールからインスピレーションを得ると同時に、持ち前の香り使いを発揮して、レミーマルタンのコニャックそれぞれとのペアリングを考案しました。

1738アコール・ロワイヤルのカクテルには意外なピザスフレ。XOには看板料理のブラン・マンジェ。彼のレシピからフレーバーの新しい世界が生まれ、レミーマルタンのコニャックが輝ける場を与えてくれました。

揃えた8つの新しいフードペアリングを考案

XO、クラブ、1738アコール・ロワイヤルの香り高きエレガンスを解き放ちます。

レミーマルタンXOとのペアリング
「ブラン・マンジェ」

塩味・甘味の両方を揃えた8つの新しいフードペアリングを考案、XO、クラブ、1738アコール・ロワイヤルの香り高きエレガンスを解き放ちます。ジャン=フランソワ・ピエージュ氏とセラーマスターのバティスト・ロワゾー(Baptiste Loiseau)が緊密に連携して料理を吟味し、フードペアリングを検証しました。

そのうちの1品では、ジャン=フランソワ氏はレミーマルタンXOと自身の看板料理である「ブラン・マンジェ」を組み合わせ、甘いバニラのノートを繊細に目覚めさせました。

レミーマルタンXOは、400種類以上の異なるオー・ド・ヴィーをブレンドしたセラーマスターのクラフツマンシップの象徴です。

レシピ

ご家庭でお試しください

フードペアリングのレシピ
ブラン・マンジェ

材料
8人前

下ごしらえ時間1時間

調理時間25分

カラメルリング用
– 粉末グラニュー糖 200g
– グルコース 60g
– 水 40cl

ブラン・マンジェ用
– バター(塗布用)
– 卵白 5個
– 粉末グラニュー糖 50g + リング用に少々 クレームアングレーズ 大さじ3

ブラン・マンジェ

作り方

フランスの伝統的なデザートをジャン=フランソワ・ピエージュ氏がモダンにアレンジしました。XOにぴったりです。

手順1 カラメルを作る
粉末グラニュー糖、グルコース、水を混ぜ、弱火で混ぜながら温める。カラメルをシリコンマットまたはクッキングペーパーに流し込み、冷ます。

手順2 予熱
オーブンを180°Cに予熱する。

手順3 リングを作る
カラメルが固まったら、フードプロセッサーかすり鉢で砕く。ペーパーを敷いたベーキングトレーの上に直径5~6 cmの円形のステンシルを乗せ、粉末をふるう。数秒間オーブンに入れてカラメルを溶かし、取り出して冷ます。オーブンの温度を90°Cに下げる。

手順4 ブラン・マンジェを作る
直径5~6cmの円形にバターを塗って土台を8ヶ所作り、グラニュー糖をまぶす。卵白を角が立つまで混ぜ、粉末グラニュー糖を入れる。絞り袋に入れ、卵白液を円の中心に絞り出し、側部を高くして中心に井戸を作る。この井戸の中にクレームアングレーズ大さじ1杯をゆっくりと入れ、さらに卵白液を入れて覆い、ヘラで滑らかに整える。

手順5 焼く
10分間焼き、ブラン・マンジェをオーブンから取り出し、1分間置いてから円からそっと取り出す。

手順6 盛り付ける
ブラン・マンジェをお皿に置き、カラメルリングを優しく上に乗せる。

コニャックの楽しみ方

コニャックと料理のペアリング

レミーマルタン コニャックにお気に入りの料理を合わせると、新しいフレーバーが目覚めます。

コレクション

XOを詳しく知る

レミーマルタンXOは、400種類以上の異なるオー・ド・ヴィーをブレンドしたセラーマスターのクラフツマンシップの象徴です。

戻る
お近くのバー、レストラン、クラブ、ストアを
検索するか、オンラインでお求めください。
選択してください: