特別な地に根差す

3世紀にわたり、レミーマルタンは「ハート・オブ・コニャック」というひとつの大望を掲げています。

レミーマルタンは比類なきルーツに根ざしています

ワイングローワーとしての生い立ち、一族の伝統、フィーヌ・シャンパーニュの選択、時間の持つ力と人の才能への信頼、そして調和に基づいたシグネチャースタイルから、レミーマルタンは比類なきルーツに根ざしています。それは1724年からずっと続いていることなのです。

1/6

レミーマルタンは「ワイングローワー」というルーツに根ざしています

"レミーマルタンは1724年に創業されましたが、大手コニャックメゾンではワイングローワーによって設立された唯一の存在です。 その50年後、レミーマルタンはコニャック地方初のワイングローワーの同盟である「アライアンス・フィーヌ・シャンパーニュ」を設立しました。現在、900あるグランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュ地域ワイングローワーが、公正なパートナーシップに基づき、選び抜かれた最高のオー・ド・ヴィーをレミーマルタンに提供しています。

また、レミーマルタンは土壌というルーツに根ざしていることから、環境保護に尽力しています。自然に対する最高の敬意はレミーマルタン文化の一部です。我々は、パートナーとともにに持続可能な葡萄栽培の方針を定めてきました。エンブレムのケンタウルスのように、大地を両足でしっかりと踏みしめているのです。"

2/6

レミーマルタンは「家族」というルーツに根ざしています

レミーマルタンは3世紀にわたり、同じ価値観を共有する二家族である レミー・マルタン家とエリアール=ドゥブルイユ家による家族経営を続けています。 とりわけレミーマルタンは、サヴォアフェール(職人の叡智)、一族の土地、経験、製法技術が世代から世代へと受け継がれてきた企業です。レミーマルタンの原動力は、起業家精神、結束、そして長期的なヴィジョンであり、それはレミーマルタン社内においても外部のパートナーとの関係においても同じです。レミーマルタンの一員となることは、家族の一員となることなのです。

3/6

レミーマルタンは「石灰質の土壌」というルーツに根ざしています。

"レミーマルタンは、フィーヌ・シャンパーニュ・コニャックのみを造る唯一の大手コニャックメゾンです。1948年に、最も評判が高い葡萄栽培地二地域のグランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュで栽培された葡萄のみを使ったフィーヌ・シャンパーニュ・コニャックの生産を開始しました。 このブレンドにはグランド・シャンパーニュ産の葡萄が少なくとも50%含まれています。 この二地域の秘密は、石灰質の土壌にあります。 「シャンパーニュ」とは、石灰質という意味で、この地域の土は柔らかく、多孔質で、葡萄の木がしっかりと根を張ることができます。 透水性に優れた下層の土は、雨が降らなくても水分を保ち、葡萄の酸味と香りを守ります。 そのため並外れて香りのよい葡萄が実り、 卓越した熟成の可能性を持つオー・ド・ヴィーが生まれます。 比類なき土壌のみが、比類なき葡萄を育むことができるのです。"

4/6

レミーマルタンは「時間」というルーツに根ざしています

約3世紀前に創業したレミーマルタンは、クラフツマンシップ、 サヴォアフェール(職人の叡智)、そして献身を基盤として設立されました。創業者レミー・マルタン自身がすてに時の魔法の効果、すなわちどうしたら会社自体がコニャックのように年月とともに発展し、より上質な存在に変化できるかをすでに知っていました。そしてグランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュから生まれるレミーマルタンのオー・ド・ウィーは類を見ないほど豊潤で繊細であり、その真の個性が完全に発揮されるまでには長い年月を要します。 これらのオー・ド・ヴィーには素晴らしい熟成の可能性があります。レミーマルタンを支えてきたどの世代も未来を信じてきたからこそ、現在、世界でも一握りの最上級コニャックのオー・ド・ヴィー貯蔵を誇ることができるのです。レミーマルタンは時の流れと忍耐とともに歩んでいます。 これが真のエレガンスの秘訣なのです。

5/6

レミーマルタンは「才能」というルーツに根ざしています

"1724年以来、レミーマルタンはアンドレ・ジロー、ピエレット・トリシェ、そして現在のセラーマスターであるバティスト・ロワゾーといった葡萄栽培、蒸留、ブレンドのマスターである多くの優れた人材を育ててきました。 バティストと彼が率いるテイスティンク委員会は、メゾンの伝統の守護神です。レミーマルタンというメゾンには、ポール‐エミール・レミー・マルタンやアンドレ・ルノーをはじめとする、起業家の伝統もあります。彼らのコニャックに関する幅広い知識と大胆なアプローチは独自のヴィジョンを形成する上で役立ちました。こうした才能ある人々は、ブランドのエンブレムであるケンタウルスの多彩な能力を象徴しています。 ケンタウルスは教育者、狩人、賢者、そしてハーバリストとして傑出した存在でした。 大地を踏みしめ、星を目指す。これがレミーマルタンが守り続ける姿勢なのです。"

6/6

レミーマルタンは「調和」というルーツに根ざしています

ほかの多くのメゾンとは異なり、レミーマルタンはすべてのオー・ド・ヴィーをワインのおり(残留酵母)とともに小型の銅製スチルで蒸留するという「リーズ蒸留法」を守り続けています。この伝統的な手法により、フルーティー、フローラル、オーク、スパイシーな香りが繊細にブレンドされた完璧なバランスを持つコニャックが生まれ、レミーマルタンのシグネチャーテイストであるピュアでエレガント、豊潤で長いフィニッシュをもたらしています。 一言で表すと、「調和のとれた味わい」... ハーモニーがレミーマルタンの要なのです。

レミーマルタンは比類なきルーツに根ざしています

ワイングローワーとしての生い立ち、一族の伝統、フィーヌ・シャンパーニュの選択、時間の持つ力と人の才能への信頼、そして調和に基づいたシグネチャースタイルから、レミーマルタンは比類なきルーツに根ざしています。それは1724年からずっと続いていることなのです。

1/6

レミーマルタンは「ワイングローワー」というルーツに根ざしています

"レミーマルタンは1724年に創業されましたが、大手コニャックメゾンではワイングローワーによって設立された唯一の存在です。 その50年後、レミーマルタンはコニャック地方初のワイングローワーの同盟である「アライアンス・フィーヌ・シャンパーニュ」を設立しました。現在、900あるグランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュ地域ワイングローワーが、公正なパートナーシップに基づき、選び抜かれた最高のオー・ド・ヴィーをレミーマルタンに提供しています。

また、レミーマルタンは土壌というルーツに根ざしていることから、環境保護に尽力しています。自然に対する最高の敬意はレミーマルタン文化の一部です。我々は、パートナーとともにに持続可能な葡萄栽培の方針を定めてきました。エンブレムのケンタウルスのように、大地を両足でしっかりと踏みしめているのです。"

Read

2/6

レミーマルタンは「家族」というルーツに根ざしています

レミーマルタンは3世紀にわたり、同じ価値観を共有する二家族である レミー・マルタン家とエリアール=ドゥブルイユ家による家族経営を続けています。 とりわけレミーマルタンは、サヴォアフェール(職人の叡智)、一族の土地、経験、製法技術が世代から世代へと受け継がれてきた企業です。レミーマルタンの原動力は、起業家精神、結束、そして長期的なヴィジョンであり、それはレミーマルタン社内においても外部のパートナーとの関係においても同じです。レミーマルタンの一員となることは、家族の一員となることなのです。

Read

3/6

レミーマルタンは「石灰質の土壌」というルーツに根ざしています。

"レミーマルタンは、フィーヌ・シャンパーニュ・コニャックのみを造る唯一の大手コニャックメゾンです。1948年に、最も評判が高い葡萄栽培地二地域のグランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュで栽培された葡萄のみを使ったフィーヌ・シャンパーニュ・コニャックの生産を開始しました。 このブレンドにはグランド・シャンパーニュ産の葡萄が少なくとも50%含まれています。 この二地域の秘密は、石灰質の土壌にあります。 「シャンパーニュ」とは、石灰質という意味で、この地域の土は柔らかく、多孔質で、葡萄の木がしっかりと根を張ることができます。 透水性に優れた下層の土は、雨が降らなくても水分を保ち、葡萄の酸味と香りを守ります。 そのため並外れて香りのよい葡萄が実り、 卓越した熟成の可能性を持つオー・ド・ヴィーが生まれます。 比類なき土壌のみが、比類なき葡萄を育むことができるのです。"

Read

4/6

レミーマルタンは「時間」というルーツに根ざしています

約3世紀前に創業したレミーマルタンは、クラフツマンシップ、 サヴォアフェール(職人の叡智)、そして献身を基盤として設立されました。創業者レミー・マルタン自身がすてに時の魔法の効果、すなわちどうしたら会社自体がコニャックのように年月とともに発展し、より上質な存在に変化できるかをすでに知っていました。そしてグランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュから生まれるレミーマルタンのオー・ド・ウィーは類を見ないほど豊潤で繊細であり、その真の個性が完全に発揮されるまでには長い年月を要します。 これらのオー・ド・ヴィーには素晴らしい熟成の可能性があります。レミーマルタンを支えてきたどの世代も未来を信じてきたからこそ、現在、世界でも一握りの最上級コニャックのオー・ド・ヴィー貯蔵を誇ることができるのです。レミーマルタンは時の流れと忍耐とともに歩んでいます。 これが真のエレガンスの秘訣なのです。

Read

5/6

レミーマルタンは「才能」というルーツに根ざしています

"1724年以来、レミーマルタンはアンドレ・ジロー、ピエレット・トリシェ、そして現在のセラーマスターであるバティスト・ロワゾーといった葡萄栽培、蒸留、ブレンドのマスターである多くの優れた人材を育ててきました。 バティストと彼が率いるテイスティンク委員会は、メゾンの伝統の守護神です。レミーマルタンというメゾンには、ポール‐エミール・レミー・マルタンやアンドレ・ルノーをはじめとする、起業家の伝統もあります。彼らのコニャックに関する幅広い知識と大胆なアプローチは独自のヴィジョンを形成する上で役立ちました。こうした才能ある人々は、ブランドのエンブレムであるケンタウルスの多彩な能力を象徴しています。 ケンタウルスは教育者、狩人、賢者、そしてハーバリストとして傑出した存在でした。 大地を踏みしめ、星を目指す。これがレミーマルタンが守り続ける姿勢なのです。"

Read

6/6

レミーマルタンは「調和」というルーツに根ざしています

ほかの多くのメゾンとは異なり、レミーマルタンはすべてのオー・ド・ヴィーをワインのおり(残留酵母)とともに小型の銅製スチルで蒸留するという「リーズ蒸留法」を守り続けています。この伝統的な手法により、フルーティー、フローラル、オーク、スパイシーな香りが繊細にブレンドされた完璧なバランスを持つコニャックが生まれ、レミーマルタンのシグネチャーテイストであるピュアでエレガント、豊潤で長いフィニッシュをもたらしています。 一言で表すと、「調和のとれた味わい」... ハーモニーがレミーマルタンの要なのです。

Read

年齢を選択してください

/
/
Please fill in all fields

20歳未満の方は閲覧できません。

このサイトは20歳以上の方のみ閲覧が可能です。