Rémy Martin cognac France
レミーマルタンの物語は、大胆で情熱を持った人々によって綴られてきました 
ー そして、その歴史はこれからも続いていきます。
History of Rémy Martin

1724年

コニャック地方の若いワイン醸造家、レミー・マルタンが自らの名前を冠したコニャックの販売を開始。

King Louis XV of France grants Rémy Martin

1738年

フランスのルイ15世がレミー・マルタンの作ったコニャックの素晴らしさを讃えて新しい葡萄を作付けする特権を授与。

1830年

レミーマルタン初となるグランド・シャンパーニュのコニャックが誕生。

Paul Emile Rémy Martin

ポール-エミール・レミー・マルタン

天文学愛好家 / ロビイスト / 商人 / 美術収集家

(1810-1875年)

ポール-エミール・レミー・マルタンが、ヨーロッパを超えて米国やアジア、太平洋地域にまでレミーマルタンを広める。

Centaur emblem of the Rémy Martin house

1870年

メゾンの海外進出・拡大に伴い、彼はケンタウロスをメゾンのエンブレムに採用し、初めてロゴを生み出す。熱心な天文学愛好家だった彼が選んだのは、自身の星座でもある射手座(ケンタウロス)だった。

André Renaud

アンドレ・ルノー

起業家 / 詩人 / 法律家

(1883-1965年)

partnership with Paul-Emile Rémy Martin

1910年

ポール・エミール・レミー・マルタン2世と提携関係を結び、メゾンの全面的発展に着手。

1924年

アンドレ・ルノーがメゾン初のセラーマスターとなり、その後に会長に就任。

Creation of Fine Champagne VSOP

1927年

プティット・シャンパーニュとグランド・シャンパーニュをブレンドしてレミーマルタン・フィーヌ・シャンパーニュ・コニャックVSOPを発売。卓越した品質で、瞬く間に成功を収めた。

1938年

フィーヌ・シャンパーニュ・コニャックがその卓越した品質により法的に認められる。

1948年

アンドレ・ルノーが、レミーマルタンはプティット・シャンパーニュとグランド・シャンパーニュのクリュに由来するコニャックだけを生産することを決定。

André Renaud

アンドレ・ジロー

交渉人 / 実業家 / 職人 / セラーマスター

1960–1990年

アンドレ・ルノー自身から教えを受けたアンドレ・ジローは、セラーで現代テクノロジーを活用することを促進し、メルパンに開発センターと最初の樽製造所を設立。現在でもレミーマルタンの中心的存在となっている。

André Hériard Dubreuil

アンドレ・エリアル・デュブレイユ

エンジニア / 建築家 / 環境保護主義者 / 独創家

(1917-2002年)

1965年

アンドレ・ルノーの娘婿であるアンドレ・エリアル・デュブレイユが社長の座に就き、最高品質を保証するためにワイン生産者たちと将来に向けたパートナーシップ(現在アリアンス・フィーヌ・シャンパーニュとして知られる組織)に取り組む。

classic VSOP bottle of cognac

1972年

現在のアイコン的存在であるVSOPの黒いフロスティボトルが考案される。

1981年

需要の高まりに伴い、豊潤と洗練の象徴である、レミーマルタン XO が誕生。

Georges Clot

ジョルジュ・クロ

モダニスト / 研究所技術者 / 自然主義者

1990-2003年

ジョルジュ・クロがセラーの在庫管理に最先端のデジタル技術を導入。

1997年

かつてフランス国王ルイ15世からレミーマルタンに授与された特権を讃え、レミーマルタン 1738が誕生。

Pierrette Trichet

ピエレット・トリシェ

科学者 / 読書家 / アーティスト

2003-2014年

コニャック大手メゾンでは初の女性セラーマスター。セントーとセントー・ド・ディアマンを生み出す。
ジョルジュ・クロが彼女に伝授したように、レミーマルタンに伝わる職人の叡智と技をバティスト・ロワゾーに授ける。

Baptiste Loiseau

バティスト・ロワゾー

冒険家 / 園芸家 / 語り手

2014-今日

コニャック地方で生まれ育ち、テロワールだけでなく新たな旅をこよなく愛する。
レミーマルタンを輝かしい未来へと導く、次世代のセラーマスター。

年齢を選択してください

/
/
Please fill in all fields

20歳未満の方は閲覧できません。

このサイトは20歳以上の方のみ閲覧が可能です。