リキー・リック(南アフリカ)

レミー・プロデューサーズ・サウス・アフリカ シーズン1:「Get in the studio with Riky Rick」でフィーチャーされたミュージシャン

リキー・リック(本名Rikhado Makhado)は、ダーバン北部の街クワマシュで生まれました。

デビューアルバム「Family Values」は、2015年にRecording Industry of South Africa(RISA)によってプラチナ認定を受けました。2016年には、サプールからインスピレーションを受けたアンセム「Sidlukotini」のリリースにより、ファッションと音楽の融合をさらに発展させました。

この曲は2017年のベストヒットシングルとなります。2019年、リキー・リックは国民的テレビ番組の「The Voice」の審査員を務めています。

チームアップで生み出す音楽

レミー・プロデューサーズとは?

コーサイン(連署)とは、成功を共有したいと望む著名アーティストから新進気鋭のアーティストに与えられるお墨付きの印です。これを手にすることで彼らは自らのキャリアを次なるレベルへと進めることになります。

2019年、レミーマルタンは「レミー・プロデューサーズ・サウス・アフリカ」を発表しました。リキー・リックからのコーサインをかけて、南アフリカ全国の音楽プロデューサーたちが一世一代の機会に臨みました。

応募者たちは、最高傑作のビートを提出し、名だたる審査員らにスキルを示し、いくつもの選考を勝ち上がりました。こちらからライブショーをご覧ください。シーズン1の優勝者が明らかになります。

戻る
お近くのバー、レストラン、クラブ、ストアを
検索するか、オンラインでお求めください。
選択してください: